集団指導塾のメリットとは?

成績の向上に必要な講師の指導力の高さ

塾は学校の授業だけで不足しがちな受験対策を目的に利用するケースが多く、費用に見合った学力の向上という結果が求められます。集団指導塾の利用における大きなメリットの一つが講師の指導力の高さです。どんなに生徒が意欲を持って勉強に取り組んでも、教える講師の指導力が不足していては学力の向上を図ることはできません。塾によって若干の違いはありますが、集団指導塾の大半が事前に模擬授業審査と呼ばれるテストを行い、その結果で採用の可否が決定します。これは個人の学力と指導力は必ずしも比例するわけではないため、履歴書だけでは判断できない能力を確かめるのが主な目的です。集団指導塾の講師は基準をクリアーした人達しか働くことができないため、質の高い指導を受けることができます。

カリキュラムによる指導とライバルとの競争意識

集団指導塾は個人の能力に合わせて授業を行うマンツーマン指導の塾とは異なり、事前に用意されているカリキュラムに沿って授業が行われます。このカリキュラムは受験日から逆算して作成されているので、効率良く指導ができるのが特徴です。個人を対象とした授業ではないため、生徒自身が授業についていけるように努力をすることで、結果的に大幅な学力の向上に繋がります。集団指導塾は文字通り大勢の生徒と共に勉強をするのが基本です。プライベートでは良好な関係であっても受験に関しては自分以外は全てライバルです。集団での勉強をすることは自然と競争心を高めて意欲を持って勉強に取り組む相乗効果が得られます。授業を通して他人の考え方を知ることで視野を広げられるのも集団指導塾ならではの魅力です。

小学生の塾は、中学受験を控えているわけでなければ、友達と同じところにするのが成績向上につながります。まずは勉強する習慣を身につけることが大切だからです。